SECURITY SHOW 2018と花粉症の防犯対策

毎年恒例の『SECURITY SHOW』が 2018年3月6日から9日まで開催されました。

   第26回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2018」

18bannerSS_234_60.gif

AI技術による顔認識などで注目された「ネットワークカメラ&映像クラウド」「画像・映像テクノロジーEXPO」など、最先端のセキュリティ情報が発信されていました。

来年の開催は2019年3月5日から8日の予定です。

omakase_20180325.jpg

毎年、SECURITY SHOWが行われるこの季節、会場もマスクをした人が多く見られます。
春の花粉症シーズン真っ盛りですね。
花粉症の人は『皮膚・粘膜が弱い』とうい特徴があります。
皮膚・粘膜が弱いと、外からの刺激を受けやすく、アレルギー症状を起こしてしまいます。

皮膚・粘膜が弱く、外からの刺激を受けやすい状態、それを自分の家やオフィスの防犯に例えれば、玄関や窓の扉に鍵がかかっておらず、泥棒に狙われる無防備な状態ということになります。
家やオフィスと同じように、体も、花粉による被害を出さないように、皮膚・粘膜を強化することが防犯対策となります。

SDkahunshou_20180325.jpg


皮膚・粘膜が弱いことでおきる花粉症の根本原因は肺と胃腸の虚弱にあるとも言われます。
普段から意識して丈夫な皮膚・粘膜を作り、肺と胃腸の働きを強化する必要があります。これが体の防犯対策です。
日常生活でも、過労・睡眠不足・胃腸を損ねる脂っぽいもの・冷たいものの飲食・寒い日の薄着などは抵抗力を弱めるので注意しましょう。

 

 

花粉症の流行とともに多くの方の新生活がスタートした春の季節、
鍵や錠前・補助錠、玄関・窓の防犯、その他のセキュリティなど、
家やオフィスでの防犯対策に不安を感じたら、
当店までどうぞお気軽にお問い合わせください。