最大の防犯対策はご近所付き合い!?

多くの人にとって、人生で最も大きな買い物は住宅ではないでしょうか。

住宅購入のタイミングは防犯対策についてきちんと考えるいい機会かと思います。

 

よく『泥棒は下見をする』と言われます。

SD_koekake.pngその場にいて不自然でない服装で周りに溶け込んでやってきます。

 

下見でチェックするのは、周囲から見えやすいか?逃げやすいか?などいろいろポイントがあります。

そして、侵入経路とされる窓や玄関にも様々なセキュリティアイテムがあります。

 

ただ、泥棒が下見をして侵入を諦めた理由は…

「近所の人の視線が気になった」

「近所の人に声をかけられた」

が多かったそうです。

 

実は有効な防犯対策って?!

もっとも有効な防犯対策、

それは、ご近所の方々と仲良くしておくことです。


さかんに挨拶が交わされる住宅街や商店街などでは、
その街の住人ではない、知らない人が入ってくるとすぐにわかるそうです。

周囲の人と挨拶を交わし、仲良くしているとそんな不審な人の目撃情報が入ってきます。

泥棒がいかに自然を装って下見に来ても「あの人、なんかおかしいな」と気づかれます。

 

ご近所の方々と仲良くしていれば、不審人物がいたり、変わったことが起きたとき、お互いに情報共有することができます。

円滑なご近所づきあいこそが最大の防犯対策になる!と言える一面もありそうです。

SD_tunagari.png

 

その上で、窓の防犯、玄関の防犯、鍵やその他のセキュリティが気になる方は
当店までどうぞお気軽にお問い合わせください。