秋は空き巣が増える?ありがちな「間違った空き巣対策・防犯対策」

まぶしい夏の日差しも少しづつ和らぎ、吹く風に秋を感じるようになりました。

SD_紅葉.jpg9月-11月にかけては比較的祝日も多く、すごしやすい季節となるため、
連休を利用し旅行や、ショッピングなど、おでかけの機会も増えるのではないでしょうか?

しかし、そんな留守宅を狙ってやってくるのが空き巣…
秋は空き巣が増える」なんて言われるように、秋から年末にかけて空き巣被害が増える傾向にあるようです。

「防犯対策しているから大丈夫!!」
…その防犯対策、本当に大丈夫でしょうか?

 

◆道路からの見通しは確保されていますか?

「我が家は高い塀や樹木で囲まれているから、空き巣が侵入しにくい!」とお思いの方も多いのでないでしょうか?
確かに、侵入する際には厄介かもしれませんが、敷地内に入ってしまえば周囲からの視線をブロックしてしまい空き巣にとって好条件となってしまいます。

 

◆人がいることをアピールするために、たとえば常に「洗濯物」を外に出しておく等していませんか?

空き巣は侵入前、念入りに下見をします。
「常に置いてある車(自転車)がない=外出中、留守」と空き巣側に知らせることにもなり、空き巣にとっていい判断材料にされてしまう可能性があります。
また、「洗濯物」についても同様に、「夕方や雨が降っている時でも洗濯物が干しっぱなしの状態=外出中、留守」と判断され、空き巣のターゲットにされてしまうことも多々あるようです。

SD_防犯対策イメージ.png

 

気候もすごしやすく、お休みで外出も増える秋はついつい気持ちも緩みがちです。
もう一度我が家の防犯を見直すいい機会かもしれません。

「うちの防犯はこれで大丈夫かしら…?」と思われた方は

 

美和ロックサービス代行店(SD店)である当店にご相談ください。

あなたにふさわしい防犯対策をご提案いたします。

 

お問合せは当店までお気軽にどうぞ